愛知県・名古屋の総合住宅展示場なら中京テレビハウジング

愛知県・名古屋の総合住宅展示場なら中京テレビハウジング

建築例いっぱい百家事典

見た目で選ぶ推し家診断

家づくり1年生勉強会を予約する

モデルハウス見学予約する

建築例いっぱい百家事典

見た目で選ぶ推し家診断

家づくり1年生勉強会を予約する

モデルハウス見学予約する

NEWS
ニュース

2020.08.11

【愛知県】コロナ禍における住宅取得意識調査を実施しました

県内で賃貸住宅に居住する25~39 歳の既婚者 800 人を対象に、新型コロナウイルスの影響による住宅や持ち家に関する意識調査を実施しました。

 

調査結果のポイント

①持ち家を検討している層は、コロナ禍によって持ち家志向が上昇。

②まだ具体的でない興味層は、コロナ禍により持ち家には慎重な姿勢。

③戸建て志向の強い愛知県では、コロナ禍によってマンションよりも戸建て志向へシフト。

④コロナ禍により自宅で不便に感じたのは、男性は仕事スペース、女性は備蓄スペース。

今後自宅で充実させたい設備は、男性は仕事スペース。女性は「子供」「備蓄」「収納」がキーワード。

 

詳しくはコラムをご覧ください。

 

<愛知県版>コロナ禍によって持ち家に対する意識はどう変わったのか

TOPページへ戻る