伝統的な日本家屋のリノベーション

[ハウジングアイチリフォームで家づくり]

安城市 T邸
家族構成
二世帯
延べ床面積
大規模リフォーム

家づくりのきっかけとなった事は?

家が古くなった為と、子供部屋も必要だったから。

家づくりに一番重視した事は?

バリアフリーにする事。
→重要視したことはどう実現させましたか?
バリアフリーにして段差がなくなり、手すりも付けて生活がし易くなった。

家を建てて気づいた点

<良かった点>
今まで使えなかったところに押入れを作ったり、白ありも発見でき、退治・予防もできた。
また、子供部屋も完成し、全体に生活がしやすくなった。
<改めて気づいた点>
他の棟の別部屋もやっておけばよかった。

展示場(モデルハウス)で参考になったこと

リフォームの為見ていない。

これから家づくりをされる方へアドバイスするとしたら

コンセントを成るべく、沢山つけるといいと思います。

メーカー担当者へひと事

満足しています。これからよろしく。

ハウスメーカーより

家全体の特徴・見どころ

100年近くも長きにわたって家族と財産を守り続ける頑丈な柱、梁。今では手に入らない美しい木目の板・・・内観は趣のある古民家風に。外観は屋根の形を大きく変更し、モダンで凛とした雰囲気になりました。

苦労した点(施主の希望をどう具現化したかなど)

見た目の美しさと、バリアフリー・耐震補強・断熱などの機能面の両立です

コンセプト・セールスポイントなど

「古民家リノベーション」が流行するず~っと前から、日本家屋の総リフォームに携わってきたハウジングアイチリフォームの建築家&職人チームの技とプライド、そしてアイデアが詰まっています。