ECOと快適性を両立したわがまま(健康)住宅

[もりぞうで家づくり]

岡崎市 O邸
家族構成
ご夫婦+お子様1人+ご両親
延べ床面積
1F:103.25m²、2F:52.10m² 延床面積 155.35m²
間取りを見る

家づくりのきっかけとなった事は?

両親との同居をきっかけに建替えを検討しました。

家づくりに一番重視した事は?

両親に長く健康に暮らしてもらいたいと言う希望から、室内の温度が一定で一年を通して春のような、
そんな住宅がないか探しました。

→重要視したことはどう実現させましたか?
・そのような希望をクリアー出来た御社で建築をお願いしました。

家を建てて気付いた点

<良かった点>
・本当に暖かく、またひのきの香りに包まれ暮らせる事に両親もすごく満足している。
 その姿を見て自分達も本当に良かったと感じています。
・内装も非常に満足で、毎日森林浴をしているようです。
<改めて気づいた点>
・コンセントをもう少し多く計画すれば良かった。
・太陽光発電を検討すれば良かった。

展示場(モデルハウス)で参考になったこと

木曽ひのきを現しにした、木々に囲まれた空間が、木の温もりとひのきの香りに包まれ
何とも言えない癒しの空間でした。それを我が家でも実現したいと思いました

これから家づくりされる方へアドバイスするとしたら

どのハウスメーカーでも、決まって「暖かい家です」と言われたが、実際には断熱にバラツキがあるのが
現実でした。
出来てしまうと目に見えない構造の部分ですが、その部分こそが大切なんだと住んでから実感しました。

メーカー担当者へひと言

今までハウスメーカーの家に2件住んできました。この家で3件目になりますが、
御社の建物が一番良かったです。これからアフターが大切になってきます。
長いお付き合いになりますがよろしくお願いします。両親共々非常に満足しています。

ハウスメーカーより

家全体の特徴・見どころ

・最高級木材 木曽ひのきを使った長く安心して住める構造と森林浴効果のある空間。
・住宅性能が高いからこそ実現できた、大きなLDKと吹抜けを通した2階のファミリースペースとの
 つながりは、家族のコミュニケーションを重視した絆が深まる間取りです。

苦労した点(施主の希望をどう具現化したかなど)

・モデルハウスは夢のような家だが、それを現実のものにしたかったと言われるお客様のご要望を、
 経験豊富な設計士とインテリアコーディネーターが数多くの情報収集し、ご提案させて頂く事で、
 満足して頂ける家づくりさせて頂けました。

コンセプト・セールスポイントなど

・日本が誇る世界一の建築材『木曾ひのき』を使った構造と、独自(特許取得)の躯体内換気システムで
 将来にわたって地震に強い家であり続けること。
・次世代省エネから無暖房まで選べる気密・断熱性能。
・家中どこでも温度差を感じず過ごせる事も可能に。