吹き抜けで存在感のある薪ストーブと解放感のある空間。

[三交ホームで家づくり]

知多市東浦町 M様邸
家族構成
夫婦、子供2人
延べ床面積
1F:77.43㎡、2F:53.08㎡ 計:130.51㎡

家づくりのきっかけとなった事は?

祖父母の土地を譲り受けたため

家づくりに一番重視した事は?

1階はキッチンを中心に家族の居場所が分かるようにレイアウトを決めた。2階は将来を見据えて子供部屋を仕切りを入れるように配置。

→重要視したことはどう実現させましたか?
玄関収納を大きく確保することでアウトドア用品や靴の収納を確保できました。

家を建てて気づいた点

<良かった点>
中二階(ヌック)を作ったことで空間にメリハリが出来ました。
<改めて気づいた点>
断熱の重要性(夏涼しくて冬暖かい)

展示場(モデルハウス)で参考になったこと

床材、壁紙、窓の位置、部屋の雰囲気

これから家づくりをされる方へアドバイスするとしたら

決めることがたくさんあって大変だと思いますが、粘り強く納得いくまで悩んで下さい。そして家づくりを楽しんで下さい♪

メーカー担当者へひと事

私たちの想いを形にしていただいてありがとうございました。一緒に家づくりすることが出来て楽しかったです。これからもよろしくお願いします。

ハウスメーカーより

家全体の特徴・見どころ

モダン和風の外観。玄関ホール~土間収納は和空間に仕上げ、リビングに暖炉や中二階(ヌック)を設けた、こだわり住宅です。

苦労した点(施主の希望をどう具現化したかなど)

暖炉のご希望があり、ご主人様と専門店に足を運び、詳細打合せをさせて頂きました。苦労したというより有意義な時間でした。

コンセプト・セールスポイントなど

外断熱の利点を生かした広々LDKに、中二階(ヌック)や吹抜け、真夏でも涼しい小屋裏収納等、住みやすさ最優先の住宅に仕上がりました。